So-net無料ブログ作成

40代からの自動車教習所~運転してるけど~(アラフォー教習所体験記④) [40代からの自動車教習所]

あれから実は着々と学科を受け、10回の授業終了。

技能は実は今日で11時間目まで進んでおります。

進んではいるのですが、かなりめげそうです(TT)

アラフォー教習所はなかなか厳しかった。

実は今日は……、いや今日も……、

40歳自動車.png

めっちゃ怒られました!

なんで怒られたか、自分でもパニクっててよくわからないのですが、そのパニクってること自体がダメなんですよ。

やはり、原付の免許の際に実技をケンケンで許可された私ですから、二輪が四輪になったからといって同じなんですよ。

と今日は後ろ向きです。下に続く↓

【教習所の先生の9割は優しい気がする。でも……】

これに関しては、昔と違って教習所も経営が大変です。

かなり優しい先生が増えたとのことですが、確かにだいたいの先生は優しいです。

指導も丁寧で、口調が優しい先生が多いですね。

がっ、やはり昔ながらの熱心で厳しい先生はいらっしゃいます。

とにかく、私は交差点などでアタフタしてしまうので、そこをかなり注意されました。

「アカーン!目視してなーい!」

「アカンアカンアカン!目線ダメ!キョロキョロしなーい!」

などと言われているうちに、先生に怒られないようにばかり考えるようになってしまうのです。

できの悪い子供のようです。

でも厳しい先生は「40代で免許取りに来ているんやから頑張りや!」と励ましてもくれます。


思い出せば……、大学時代のゼミの先生も、教育実習の先生もものすごくスパルタで、先生に認めてもらおうと努力したものです。

就職1年目の上司もなかなか厳しく、だからこそ頑張ったのです。

でも、今回は……、努力できないというか、私の運動能力の低さや反射神経の鈍さが原因なので、なかなか克服できない!

でも、元来Mの私は、その厳しい先生をあえて指名しようと考えました。

困難にあえて立ち向かおうとする自分を想像しながら……。

ですが、教官指名の予約画面のところで、指名予約ボタンをポッチリできないのです……。

で、結局いつも教習所に着くまで、

「どうしようどうしよう……あの厳しい先生やったらどうしよう。」と、心臓がバクバクし、厳しい先生じゃなかったらほっとしている自分がいました。


【地獄のS字 狭路の通行】

一昨日のおじいちゃん先生はなかなか優しく、その日はS字6回中全部成功しました。

「いけるやん!」と思った私。

実際は他に停止線無視したり、中央線こえていたり、ありえない失敗をいくつかしてはいたのですが。

で、今日また厳しい先生にあたりました。

私の心臓がバクバクしてきます。

もう、ハンドル握っている手なんかも震えている。

なんと、S字最初の4回すべて溝に落ちました!

その後交差点でも左曲がるのに、右曲がりました。

もう、ダメダメです。

正直、むいてないのかもな……、なんて思い始めていました。


【もうすぐ仮免試験……その前にみきわめ】

とりあえず、今日の二回目は優しい青年先生で、S字3回中全部成功したのと、踏切は一回でOKもらえました。

技能11回終了し、明日が一段階12回目みきわめです。

みきわめに合格すれば第一段階終了検定(仮免試験)です。

が、青年先生に言われました

「みきわめ合格にはあと3回うーんもうちょっとかかるだろうから、とりあえず、6回分めいいっぱい予約とっておいてください!」


ええっ!

今週の土曜日に仮免受けるつもりでいた私ナニ!?

というわけで、まだまだ、険しい道のりは続く……。


ちなみに、仮免前の学科試験は80点合格で、82点でした……。

セーフ……ですが、仮免までにちょっとまじめに勉強します。

nice!(14)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:資格・学び

nice! 14

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0